サイトメニュー

病院へ行くための心得

女性

病院の知識を持つ

うつ病を発症してしまったとき、どのように対処すればよいのか本人も周囲もわからなくなることがあります。うつ病を発症したことすら信じたくないと感じてしまい、病院で診てもらうことに躊躇する人もたくさんいます。しかしうつ病は病気です。治療が必要になることもあります。症状が治る気配がなく、徐々にひどくなる傾向があるのであれば病院で診てもらうことが望ましいといえます。もし病院で診てもらうのであれば、どのように対処すればよいのかわからない人もいます。確かにうつ病は、風邪をひくように頻繁に病院へ行くものではありませんから、いざ病院で診てもらおうとしてもどの科で診てもらえば良いのか、どんな準備が必要なのか考えたこともない人は多いのかもしれません。病院でうつ病を診断してもらう場合はまず、心療内科で診てもらうのが主となっています。現在の心療内科のほとんどは、患者でいっぱいといわれています。そのため、いきなり病院へ行くのではなく、病院に問い合わせて予約をすることが良い方法です。もし予約をせずに直接行けば、診察が遅くなってしまうか、あまりに患者の数が多ければその日に診てもらえない場合もあるため注意が必要です。診てもらうためにはまず問い合わせて予約ができるのであれば予約をし、ちゃんと時間を守っていくことです。そうすることで、十分な診断を受けることができるようになり、必要であれば治療が開始されるようになります。大事なのは早期の発見です。早めに病気が見つかることで、治療も早く済ませることができるといいます。もしうつ病を発症して病院で診てもらうのであれば、その費用はいったいどれほど掛かってしまうのか、それも十分に把握できていない人はたくさんいます。もし開業医に診てもらう場合は、初診料金がおおよそ3000円から5000円となっているといわれ、再診となれば2000円から3000円といわれています。金額の差は治療の違いや処方される薬で変わるといいます。最初から照合病院や大学病院で診てもらう場合は、現在の法律で初診料金プラス5000円となっているため、少々費用が高くなります。近くに総合病院または大学病院しかない場合は致し方ないこともありますが、できるだけ費用を抑えたいと考えるのであれば開業医に診てもらうほうが抑えることができます。そしてできるだけ、良い医師に診てもらいたいというのが患者の本音となります。誰でも悪い医師に診てもらいたいということはないでしょう。しかし、どのような医師が良い医師といえるのか、これもしっかりと把握することが大切です。良い医師とは、患者の話をちゃんと聞いてくれる人です。医師によっては患者の話をちゃんと聞かずに、早めに診断して薬を処方したり、話をしても医師が話を割って的外れなことばかり言う人がいます。これが意外と存在しています。医師の言うことをちゃんと聞かなければと考えてしまい、通い続ける人も多くいますが、ちゃんと話を聞いてくれない医師に対応してもらえばうつ病はなかなか治らないこともあります。そのような医師にあたってしまった場合は、病院を変えることも大切です。