サイトメニュー

本人に病識があります

男性

環境の変化なども原因です

就職や結婚、出産などを経験すると、環境が大きく変化するため、疲労が溜まりやすく、ストレスも受けやすい傾向があります。高齢者の場合は配偶者や兄弟姉妹と死別をすることも多く、うつ病を発症することがあります。うつ病は10代から、60代以降の人まで、誰でも罹る可能性がありますが、環境が大きく変化する20代、30代ぐらいの年代に多い傾向があります。男性に比べると女性はホルモンバランスが崩れやすく、環境が変わることも多いため、病気に罹る人がやや多い傾向があります。うつ病に罹ると、明るく前向きな性格の人も、人と電話をしたり、会うのを避けるようになったり、マイナス思考になりがちな傾向があります。頭痛や肩こり、胃腸の不調などの身体的な症状が見られることが多く、医療機関を受診してうつ病が診断された人も多いです。仮面うつ病は精神症状が見られることが少なく、体の不調が見られることが多いため、発見が遅れることもあります。気分の落ち込みや趣味や娯楽などを楽しめなくなり、3週間以上気分が優れない時は精神神経科の病院やクリニックを受診して下さい。統合失調症とは違い、本人に病識があることが多く、同居している家族も変化に気付きやすいのが特徴です。精神神経科の病院やクリニックを受診する時は、家族と一緒に付き添ってもらうことで、本人が気付いていない症状が医師に伝わりやすくなります。精神神経科の医師は、カウンセリングや問診などを行い、病気を診断することが多いです。十分な休息や睡眠が必要な病気なので、一時的に休学や休職を勧められることもあります。専業主婦の場合は、お子様が進学や結婚などで独立をしてしまうと、寂しさや孤独を感じることが多く、うつ病を発症することもあります。主婦の場合は料理や洗濯、掃除などの家事を効率よくこなせなくなったり、料理の味付けなどが変わることもあります。同居している家族は変化に気付くことが多いため、気になる症状が見られたら、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診させることが大事です。うつ病は早期に発見ができると、優れた医薬品が開発されているため、根気よく服用をすることで症状が改善してきます。現代は副作用の少ない医薬品も増えていますし、薬の効能や副作用を医師や薬剤師が説明をしてくれるので、安心して服用ができます。薬に弱い体質の人は、多少の副作用が見られることがあるため、早めに医師や薬剤師に相談することが大事です。うつ病は必ずしも入院が必要ではなく、多くの人が外来による治療を受けています。専業主婦の場合は自宅にこもりがちな人が多いですが、引きこもりなどを改善するためには、デイケアに通ったり、認知行動療法などを受けるのも有効です。40代、50代ぐらいの年齢になると、お子様が大きくなり、孤独を感じることも多いですが、配偶者や兄弟姉妹に悩みを打ち明けたり、家事が大変な時は手伝ってもらうことも大事です。地元で評判の高い精神神経科の病院やクリニックは、清潔で明るい雰囲気になっており、完全個室で診察が受けられるのでプライバシーは厳守してもらえます。うつ病は誰でも罹る可能性がある病気なので、早めに受診することが大事です。